ゆいクリニック

西洋医学、東洋医学(漢方)、ホモトキシコロジー(複合ホメオパシー)などの
それぞれの医療のすぐれた分野を用い、予防医学を視野に入れ、
皆様の健康を維持出来るよう、お手伝いを当クリニックで提供したいと思います。


●ゆいクリニックからのお知らせ●
お知らせ

新しいサイトに0秒後に転送します。
http://www.ikukoyui.com/

休診のお知らせ

11月21日(土)は研修会出席のため休診とさせていただきます。


アメブロについて

 2015年4月からアメブロを始めました。
http://ameblo.jp/richaradgia

 ゆいクリニックの理念や、今まで医師として、母として研鑽してきた知識や情報を
 少しずつ発信していくつもりです。
 皆さまのお役にたつことができれば幸いです。





 
Naturopathy (自然療法)

私は理想的な統合医療(西洋医療+代替医療)の形のヒントを求めてオースト
ラリアに海外研修に行って参りました。
メルボルンでAromatherapy やHomeopathy の研修会に出席しましたが、最後
に出逢ったのがNaturopathy でした。Naruropath のなみ先生とお話しする機
会を得て私はその時、この学問と西洋医療の良いところを補い合えば、素晴ら
しい未来の医療が開けるのではないかと感じました。

帰国後、先生の開催なさったナチュロパスビンセイ先生&なみのコラボセミナ
ーin 東京
http://ameblo.jp/namstar/entry-11544096496.html
http://ameblo.jp/namstar/
http://egawo.digi2.jp/
http://ameblo.jp/binsei/
に出席して改めて自身もNaturopathy を学んでみたいと思いました。先生達の
お話を元にNaturopathy とはどんな学問なのかということをご紹介しようと思
います。

Naturopathy とは、健康になろうとする力=自然治癒力のバランスが失われた時、
その原因を追及し、全人的(body, mind, spirit)に治療し、さらにその原因か
ら病気の予防に役立てる学問です。
オーストラリアではNaturopathy が日常生活に取り入れられているそうで、そ
れには2つの起源があるそうです。
オーストラリアがイギリスの植民地時代には薬がなく身の回りにある植物を利
用して薬草として利用したこと、先住民Aborigine から学んだ伝承療法の2つ
です。
具体的には
1.栄養療法 (食生活指導、栄養学、サプリメント、ビタミン類)
2.西洋ハーブ療法
3.Homeopathy
4.Flower Remedy
5.Body work (マッサージ、リラクセーション、運動指導)
6.Iridology (虹彩学)

1と2はNaturopathy のコアといえるようです。また、これだけ多岐に亘る学
問がNaturopathy 全てに包括されているということは、自然治癒力維持にこれ
らの知識が全て必要になってくるということが分かります。3のホメオパシー
のレメディーを自在に使いこなせるようになるだけでも10 年の修行が必要とい
われています。Naturopath の方達も自身の得意分野を持って他のやや不得意な
分野はそれぞれの専門家に紹介するということもなさっているようです。

松本七美先生(なみ先生)は栄養学が得意ということで現代の日本の食事の問題点について指摘して下さいました。ご紹介したサイトは参考にして下さい。
1.食の西洋化(小麦中心の食事→低アミノ酸スコア→アレルギーの多発)
2.トランス脂肪酸と悪い油(心臓疾患の増加)
3.農作物の栄養価の低下(土壌枯れ、化学肥料、輸送時間、ポストハーベス
ト、季節外れの果物野菜→低ミネラル、多量の農薬、ホルモン剤)
4.加工食品(リン酸塩が多く含まれカルシウムの吸収を阻害します。
 http://toxic.o-oi.net/%E3%80%801.%20 加工食品/第2 章%E3%80%801.加工食品)
5.残留農薬(世界の農薬の半分を日本は使用しているともいわれます。
 http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/03/index1.html )
6.食品化学添加物 (化学添加物の年間摂取量 4kg/年
 http://www.aa.alles.or.jp/~palette/ecology/eco-
7.環境ホルモン(世界中で排出されるダイオキシン類の半分は日本で!?
 http://www.chikyumura.org/environmental/topic/2013/07/01110256.htm
l http://www.shimadzu-techno.co.jp/technical/pops-etc.html)
8.重金属汚染(カドミウム、水銀、鉛、農薬は一つの供給源)

小林ビンセイ先生のご紹介と先生のご講演の内容はPDF(ご紹介ご講演内容⇒ビタミンDの多彩な作用)ファイルをご覧になっててください。
 




当院概略
病院・医院名 ゆいクリニック
診療科目 小児科
診療時間
診療
時間
10:00~13:00
15:00~19:00
 ★土曜日の午後は休診になります
休診 火曜日、水曜日、日曜日
所在地 神奈川県川崎市幸区下平間39 グロリアハイツ201号 
電話・FAX TEL:044-520-0205 FAX:044-520-0206
院長 由井 郁子 (慶応義塾大学医学部卒 日本小児科学会認定小児科専門医 日本東洋医学会認定漢方専門医)
提携病院 北里研究所病院(病院HP

≪アクセス≫ 
JR南武線鹿島田駅東口下車徒歩11分
川崎市バス川71、川崎駅西口北~小杉駅前或いは
上平間行で「下平間」バス停下車徒歩2分

地図を表示→  


素材協力